【WordPress】データのインポート関連で便利なプラグインまとめ【備忘録】

  • URLをコピーしました!
目次

投稿記事関連

標準:WordPress Importer

標準のWordPress インポーター。
標準のエクスポート機能をつかってエクスポートしたxmlをインポートできる。

記事内の画像のURLは元のURLのまま。メディアにインポートもされない。

インポート後の記事からメディアを調整する:Import external attachments

外部サイトのURLになっている画像を、サイト内のメディアにダウンロードするプラグイン。

標準のインポーターで投稿をインポートした後、
メディア → Import attachments の画面で「Import attachments now」をクリック。

※もともと各投稿ページにもメタボックスが表示されるプラグインですが、ブロックエディタに未対応のプラグインのため、メディアから一括インポートしかできません。
※ベーシック認証つきの環境やローカル環境(おそらく)からはインポートできません。

WordPress.org 日本語
Import external attachments Makes local copies of all the linked images and pdfs in a post, adding them as gallery attachments.

エクスポートの時点でメディア対応させる:Export media with selected content

標準のエクスポートのほうを工夫するプラグイン。
標準のエクスポート機能を使う際に、「Export media with selected content」のチェックが増えるので、チェックを入れてエクスポート。

標準のインポーターで「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」のチェックを入れてインポート。

これで各記事内の画像URLは修正され、メディアに画像がインポートされる。

※ベーシック認証つきの環境やローカル環境(おそらく)からはインポートできません。

WordPress.org 日本語
Export media with selected content Include all relevant attachments in your export.

投稿記事をCSVでインポートする:Really Simple CSV Importer(の改良版)

このような感じのCSVで投稿を一括登録できるプラグイン

post_typepost_statuspost_namepost_titlepost_contenttax_events_categorytest_01
eventspublishevents01投稿タイトル<!– wp:paragraph –>
<p>テストテスト</p>
<!– /wp:paragraph –>
child01-1テストテキスト1-1
test_01 はカスタムフィールド

Really Simple CSV Importer そのものだと、Advanced Custome Fields 対応が中途半端なので以下を使うと便利。

Really Simple CSV ImporterでACFインポートに完全対応する

こちらの改良版は、本家と異なり「同じ投稿タイトルの記事は置き換える」ということも可能(本家は post_id をCSVに設定すれば書き換えできる)

使い方:記事をCSVでまとめて登録「Really Simple CSV Importer」を使ってみよう!

Really Simple CSV Importerで画像をカスタムフィールドに入れる:RS CSV Importer Media Add-On

このような感じでカスタムフィールドに画像を設定したいときに使える Really Simple CSV Importerのアドオン

post_typepost_statuspost_titlepost_contentproducts_textproducts_image
productspublish投稿タイトル<!– wp:paragraph –>
<p>テストテスト</p>
<!– /wp:paragraph –>
テキストhttps://deep-space.blue/ex.jpg
基本的にReally Simple CSV Importerと一緒

このプラグインをReally Simple CSV Importerと一緒にインストールし、Really Simple CSV ImporterでCSVインポートするだけ。
画像はメディアに登録され、カスタムフィールドには画像が登録される。

※the_fieldやget_fieldでうまく画像を出力できない場合、投稿の更新ボタンを押すとなおるらしい。

WordPress.org 日本語
RS CSV Importer Media Add-On Really Simple CSV Importer Add-on. Media's URL (Images, Documents... etc) in CSV, Download Media and Convert url to attachment ID.

タクソノミーをインポートする:WP Taxonomy Import / YS WP Taxonomy Exporter For WP Taxonomy Import

タクソノミーをサイト内で複製したいときや、一括でタームを登録したいときに使える。

詳細は 【WordPress】タクソノミータームを別のタクソノミーにコピーする(タクソノミーを複製する)方法

記事の投稿タイプを変更する:Post Type Switcher

既存の投稿タイプからカスタム投稿タイプに記事を移動したいときに使えるプラグイン。

クイック編集や一括編集の画面から「投稿タイプ」を選択して更新すると、選択した投稿タイプに記事が移動する。

WordPress.org 日本語
Post Type Switcher WordPress の投稿タイプを簡単に変更する簡単な方法

ユーザー関連

ユーザーをCSVで一括登録:Import Users from CSV

このような感じのCSVでユーザーを一括登録できるプラグイン

user_loginuser_emailuser_passfirst_namedisplay_namerole
tokyotokyo@example.comHKjDLxZTbKY8東京東京editor
aichiaichi@example.comqWsBGH3fkTJa愛知愛知author
osakaosaka@example.comnfnP3HpYvkbW大阪大阪editor
WordPress.org
Import Users from CSV Import users from a CSV into WordPress

WordPressからのメール送信を無効化:Disable Emails

登録したたくさんのユーザーたちに誤ってメールが飛ぶのを防ぎたいときに使う。

WordPress.org 日本語
Disable Emails Stop WordPress from sending any emails. ANY!

ユーザーを簡単に切り替える:User Switching

登録したほかのユーザーアカウントに簡単に切り替えられるようにする。
ログアウト/ログインなしで、ユーザーアカウントの切り替えができて便利。

WordPress.org
User Switching Instant switching between user accounts in WordPress.

データベース全体関連

データベースのダンプ:WP Migrate Lite

WordPressのデータベースのダンプデータを簡単に作れる。
URLの置換がプラグイン上でできるので便利。

WordPress.org 日本語
WP Migrate Lite – WordPress Migration Made Easy Make WordPress migration easy. Migrate your database at the click of a button with full support for serialized data.

テーブル接頭辞の変更:Change Table Prefix

テーブル接頭辞を変更するプラグイン。
データベースは自動で一括で変更してくれるが、wp-config.phpは手動で修正する必要がある。

WordPress.org
Change Table Prefix Increase Your Website Database Security
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次