【Lottie】Illustratorで描いた絵をAfterEffectsで動かしてLottieとして書き出してWebページで動かす

  • URLをコピーしました!
目次

STEP 1. Illustratorで描いた絵をAfterEffectsで動かす

参考:https://helpx.adobe.com/jp/after-effects/how-to/jp-for-designers-1.html

動かしたいオブジェクトごとにレイヤーに分ける

AfterEffectsで読み込むと、Illustratorのレイヤー=AfterEffectsのレイヤーになるので、動かしたいオブジェクトごとにレイヤーを分けます。

★書き出した後のページを見るとわかるのですが、クリッピングマスクがかかっているレイヤーは最後のLottie書き出し時にうまく動作しないかもしれません…★

AfterEffects で動きを付ける

AfterEffectsの詳細な説明は省きます!

今回は位置のアニメーションのみを行ったのでシェイプレイヤーに変換する前に動きを付けていますが、シェイプレイヤーに変換→アニメーションを付けるほうがよいかも。

Illustrator レイヤーをシェイプレイヤーに変換する

シェイプレイヤーに変換しないとLottie化した時に画像がpngとして出力されてしまいます。

参考:https://helpx.adobe.com/jp/after-effects/how-to/convert-illustrator-layers-to-shape-layers.html

STEP 2. LottieJSONとして書き出す

参考: https://necco.co/note/7370

bodymovinを入れる

まずはAfterEffectsからLottieJSONを書き出すためのスクリプトをインストールします。

ZXP Installer https://aescripts.com/learn/zxp-installer/

bodymovin.zxp https://github.com/airbnb/lottie-web/blob/master/build/extension/bodymovin.zxp

環境設定の「スクリプトとエクスプレッション」にある「スクリプトによるファイルへの書き込みとネットワークアクセスを許可」のチェックを入れておきましょう(入れないと Windows環境ではRender Failedになる )

ウィンドウ → エクステンション → にBodymovinが入れば準備完了。

Bodymovin でエクスポートする

書き出したいコンポジションをSelected にしたら、Settingsで書き出しの設定を確認しましょう。

Standard、またはStandardとDemoの両方にチェックをしておきます。

続いて書き出したいコンポジション名の右端の … をクリックして、JSONファイルの保存先を設定します。

設定し終わるとこんな感じ。「Render」ボタンが押せるようになるので、「Render」ボタンをクリックします。

すると指定した保存先に、lottieのJSONファイルが保存されます。

StandardとDemoにチェックを入れた場合

STEP 3. Webページで簡単に動かす

デモです

lottie-player(単に再生するだけ)

下記のlottie-playerのコードのsrc=””の部分で、bodymovinで書き出したJSONファイルを指定するだけ!

    <script src="https://unpkg.com/@lottiefiles/lottie-player@latest/dist/lottie-player.js"></script>
    <lottie-player
            src="data.json"
            background="transparent"
            speed="1"
            style="width: 300px; height: 300px"
            loop
            autoplay
    ></lottie-player>

lottie.js(JavaScriptでいろいろしたいとき)

bodymovin.loadAnimationをつかってpathに書き出したJSONファイルを指定します。

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/bodymovin/5.9.1/lottie.min.js"></script>
<div class="lottie-animation"></div>
<script>
        bodymovin.loadAnimation({
            container: document.querySelector(".lottie-animation"),
            path: "data.json",
            renderer: "svg"
        })
</script>

(おまけ)GSAPで全力で動かす

GSAPのScrollTriggerで、スクロール量に応じてLottieをコマ送りすることもできます!

参考:https://codepen.io/GreenSock/full/QWdjEbx

デモ:https://deep-space.blue/testing/lottie-testing/lottie-gsap/index.html


<div class="lottie-animation" id="animationWindow"></div>

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/gsap/3.9.1/gsap.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/gsap/3.9.1/ScrollTrigger.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/lottie-web/5.8.1/lottie.min.js"></script>
<script>
    // https://codepen.io/GreenSock/full/QWdjEbx
    LottieScrollTrigger({
        target: "#animationWindow",
        path: "data.json",
        speed: "medium",
        scrub: 0 
    });


    function LottieScrollTrigger(vars) {
        let playhead = {frame: 0},
            target = gsap.utils.toArray(vars.target)[0],
            speeds = {slow: "+=2000", medium: "+=1000", fast: "+=500"},
            st = {trigger: target, pin: true, start: "top top", end: speeds[vars.speed] || "+=1000", scrub: 1},
            animation = lottie.loadAnimation({
                container: target,
                renderer: vars.renderer || "svg",
                loop: false,
                autoplay: false,
                path: vars.path
            });
        for (let p in vars) { 
            st[p] = vars[p];
        }
        animation.addEventListener("DOMLoaded", function() {
            gsap.to(playhead, {
                frame: animation.totalFrames - 1,
                ease: "none",
                onUpdate: () => animation.goToAndStop(playhead.frame, true),
                scrollTrigger: st
            });
            ScrollTrigger.sort();
            ScrollTrigger.refresh();
        });
        return animation;
    }

</script>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる