webstormでpugとか(gulp/node.js)を使う

gulpのためにNodeのコマンドプロンプトを開いて、フォルダ移動するのが面倒くさい

以前書いた記事npmとかgulpとか黒い画面が分からないで、gulpを実用するところまですすみましたが、
Nodeのコマンドプロンプトを起動して作業するのが面倒くさい。

とりわけ、gulpのタスクを実行するときがめんどくさい。

そこで!WebstormのTerminalを開いてみたところ……

ちゃんとプロジェクトのフォルダになっている!
これなら、フォルダ移動のcd /d なんとか……を打つことなく作業開始できる!

gulpのタスクの作り方がいまいちなのも相まって、
エラーを出すたびにgulpが停止するのですが、
webstormのターミナルならコーディング作業中常駐してくれるので

止まったらすぐに気づく&すぐに再開できる!

というのが、ちょっと使いやすいポイント。

※ちなみにタスクを作るところまで済んでいれば、実行(gulpと入力する部分)は

netbeansのGUIでもできるので、こちらは心理的ハードルが低いかもしれない……