【GoogleMap】Google APIキーを取得してカスタマイズ可能なGoogleMAPを埋め込む

GoogleMapをカスタマイズして埋め込みするには、APIkeyが必要

2016年6月より、Google MapをWEBサイトに埋め込む際にはAPI keyが必須です。

※埋め込みタグを発行してIframeを置くだけなら何も考えなくていいんですけどね。

APIを使って埋め込む

まずは、API keyを取得しに行きましょう。

API keyの取得

Google API Consoleにアクセス

プロジェクトを作成を選んで[続行]

「認証情報を作成」でAPIキーを発行

分かりやすい名前を付けて、HTTPリファラーを設定(設置したいwebサイトのドメインを設定)
※不正使用を防ぐために制限しましょう。

こんな感じで

deep-space.blue/*

ちなみにそのままだとプロジェクト名が[My Project]なので、複数管理したいときは[IAMと管理]→[設定]から変更できます。

 

ページにマップを埋め込む

APIを呼び出して

<script src="http://maps.google.com/maps/api/js?key=【先ほど取得したAPIキー】"></script>

 

埋め込み場所を準備して……

<div id="map"></div>
#map{
  width: 100%;
  height: 300px;
}

 

Javascriptでマップ表示

  // 地図表示用メソッド
  function map_initialize() {
    // 地図の座標を設定
    var latlng = new google.maps.LatLng(34.953997,137.097515);
    // 地図の設定
    var map = new google.maps.Map(
      document.getElementById("map"),
      {
        zoom: 16,  // 地図の拡大率
        center: latlng, // 地図の中心座標
        scrollwheel: false  // マウスホイールでの拡縮を禁止
      }
    );
   // マーカーの設定
   var marker = new google.maps.Marker({
        position: latlng,
        map: map
   });
  }

  // 地図表示用メソッドの呼び出し
  map_initialize();

 

★参考★
https://rmtmhome.com/googlemap-customize-design-928