【Google Home】IFTTTでtwitter連携してみた

GoogleHomeとお過ごしのあなたは、IFTTTというサービスをご存知でしょうか。

If(もし)this(これ)then(したら)that(それ)
→もしも○○したとき××する

を作れるサービスです。

「Google Assistantに○○といったらtwitterに××する」というロジックも簡単に作れるので、GoogleHomeでできることを増やすのに使ってみました。

IFTTTでtwitter連携する方法

まずは「This」の設定です。google homeに話しかけたい人は「google assistant」を選びます。

どんなことに反応してほしいか選びます。ツイート内容を変数(自分が言った言葉をツイートする)にしたかったので、”Say a phrase with a text ingredient”にしてみます。

次になんとしゃべったら、を具体的に設定。

ここが詰まったポイントなのですが、この文章だとツイッターに投稿できません

実はgoogleAssistantさんはどうやら「ツイッター」というと「twitter」と認識するらしく……。
それに気づくまでかなり試行錯誤してしまいました。

認識してもらえないぞ?と思ったら、google検索の音声認識などに話しかけて、どんな文字になっているか見るといいでしょう。

続いて、「なにをするか」を設定。

今回はtwitterを選びます。

ふつうにツイートすればいいので「Post a tweet」を選びます。

 

{{TextField}} が、何をするかの設定で $ にした言葉が入る部分です。

ツイート内容を設定したら、保存!

これで完成です! google homeに話しかければ、連携したtwitterアカウントにツイートが投稿されます。

難しいことを考えなくても作れるので、google homeを便利端末にカスタムしてみてはいかがでしょうか。