【Microsoft Teams】ビデオ通話の小技と外部ユーザーとの会議・セミナー

2020.4.6 Office 365 Business(Microsoft 365 Business)の場合の使い方で調査したものです

ビデオ通話の背景を何とかする

自宅からビデオ通話をする羽目になったとき、背景を片付けなくてはいけない!そんな私のための機能が、背景ぼかし。

人のアイコンの後ろに、パターンが敷かれてるやつをONにすると背景がボケます。

端末によって対応していないときもあるらしいので、このアイコンが出てなかったらできない。

[背景のぼかし] スライダー

公式資料

https://support.microsoft.com/ja-jp/office/teams-%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e4%b8%ad%e3%81%ab%e8%83%8c%e6%99%af%e3%82%92%e3%81%bc%e3%81%8b%e3%81%99-f77a2381-443a-499d-825e-509a140f4780?ui=ja-jp&rs=ja-jp&ad=jp

 

外部ユーザーと会議やチャットをする

外部ユーザー(ゲスト)ともチャットや通話ができます。

やり方:アカウントを持っている人の方(会議室を準備する)

組織内・社内の人と会議をするときと同じ感じで、Teams会議室を作る。

で、Join Microsoft Teams Meeting(Microsoft Teams 会議に参加)のところを右クリックして

リンクをコピーして、相手に何かしらの方法で送信すれば、そのリンクURLから、Teamsのライセンスを持っていない人も会議に参加できる

参加者が入ってくると「ロビーで待機しています」というメッセージが出るので「参加許可」をしましょう。

 

やり方:アカウント無い人(招待された方)

リンクを受け取った人は、ブラウザで開くとこんな感じのページが開くので、とりあえず「Web上で参加」。

名前を入力して「今すぐ参加」をすると、

たいてい待たされるので、待ちます

会議室を作った人から許可されると通話がはじまります

 

Webセミナーを開催する

Webセミナー(ウェビナー)もTeamsできます。

★大企業向けのTeamsには「ライブイベント」機能がありますが、小規模(200人まで)のセミナーなら普通にTeams会議の機能で出来ます。

はじめ方は、上記の「外部ユーザーと会議やチャットをする」と一緒。

  1. 会議室を作る
  2. リンクを参加者に共有する
  3. 参加者が会議室に入ってくる

主にできることは

  • カメラを使って映像配信する
  • 画面共有機能を使って資料を共有する
  • 参加者(ゲスト/外部ユーザー)に画面共有してもらう
  • 参加者とテキストチャットする
  • 参加者と通話する

 

画面共有で表示できるものは(ゲスト/外部ユーザーじゃない人)

  • デスクトップ(画面全体)
  • ウィンドウ(それぞれのアプリ・ウィンドウ)
  • SharePointのなかのPowerPoint資料

★ホワイトボード(Microsoft Whiteboard)は、ゲスト/外部ユーザーから見えないので、セミナーには向きませんね

SharePointから開いたPowerPointは、Teams上で操作できるのでおススメ。

★ただしPowerPointの細かい操作が必要なときは、PowerPointのアプリケーションを開いて、ウィンドウを共有したほうが良いでしょう。
本番の前に、一度Teams上での再生のテストをすると安心です。

参考

Microsoft Teams はオンラインセミナーのツールとして使えるか?

 

その他役に立ちそうなこと

画面共有された画面を、拡大縮小する